企業経営はボトムアップ(民主主義)でやるべきか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために

Pocket

「民主主義が絶対に良いのか?」この質問に対して、あなたならどう答えますか?多くの人が『YES』と答えそうではあるものの、“絶対”というところに引っかかった人も中にはいるかもしれません。企業の中にいると、上記の定義に近しいものが、ボトムアップという考え方です。対義語は“トップダウン”で、トップが全てを決めるのではなく、メンバー(ボトム)から上がってきたものを戦略等々に採用していうという、そんなことを指しています。

dfd9e2149c255b805d1a81b174fd06af_s

民主主義は疑いなく良いことのように思えるが…

さて、この“ボトムアップ”、一見良さそうに見えますが、これは“絶対に”良いことなのでしょうか?そんなことを今日は考えていきたいと思います。さて、皆さんは、アメリカの政治経済学者のフランシス・フクヤマという方をご存知でしょうか?The End of History and the Last Manという『歴史の終わり』と訳されている著書の著者で、内容をWikipediaで調べると、

国際社会において民主主義と自由経済が最終的に勝利し、それ以上の社会制度の発展が終結し、社会の平和と自由と安定を無期限に維持するという、将来における仮説である。民主政治が政治体制の最終形態であり、安定した政治体制が構築されるため、政治体制を破壊するような戦争やクーデターのような歴史的大事件はもはや生じなくなる。それ故に、この時代を「歴史の終わり」とよぶ。

ということだそうです。要するに、民主主義が最終形態だということで、それが“最終的には”正しいとしている著書だということです。『ふーん、じゃあ、やっぱり“絶対”なんだ』と思うのはまだ早いので、もう少し突っ込んでいきましょう。

アラブの春で全ての国で民主化が上手く機能したわけではない

民主化と聞いて、今、色んな国々の地域が民主化運動を起こしていますね。分かりやすいのが『アラブの春』。言葉は皆さん聴いたことがあると思いますが、数年前、アラブの国々で大規模な民主化運動が起こりました。あれ、皆さんは結末がどうなったか、ご存知でしょうか?詳しくは是非Wikipediaをご覧いただければと思うのですが、いくつかの国は民主化に成功しています。

ただし、民主化には成功しましたが、成功しただけで、以前よりも不安定な国家となってしまった国もあります。はて、民主化は“絶対”だったのでは?一体ここで何が起こったのか。冒頭の『歴史の終わり』のWikipediaに、こんな一節がありました:

フクヤマの歴史終結論は歴史哲学であり、現状論ではない。歴史段階が成熟していないところに、不用意に民主主義を持ち込んでも混乱するだけである。

つまり、“最終的”には、民主主義が大事だけれども、歴史段階が成熟する前の民主主義は、混乱を招くだけとしているわけです。さて、本題に戻りましょう。企業における“ボトムアップ”の話、結論は見えてきたでしょうか。

企業の成熟段階を見てボトムアップの体制へ

企業において、“ボトムアップ”の体制を採るということは、今回で言う“民主化”とほぼ同義語だと思って良いと思います。企業にも歴史、というか成熟段階がありますので、それがしっかりしていない段階で、“ボトムアップ”という体制を採っても、混乱を招くだけということが共通して言えることだということです。

とはいえ、最終的には“ボトムアップ”ということが出来るようにしなくてはならない。そのタイミングがいつなのか、また、全てをいっぺんに“ボトムアップ”に移行するのではなく、段階的にやっていく必要性、というものがあると思う。Wikiを色々と見ていると、どれも時間はかかると言っている。その“かかる時間”というものをしっかりと覚悟した上で、企業を最終形態にしていくために、“ボトムアップ”という決断をしていかなくてはならないというのが、今回の結論です。

P.S.
今の日本も正直民主主義が崩壊していますよね。残念ながら、しっかりと物事が判断できる国民ではないように思う。“一義的”にしか物事を伝えないマスコミを筆頭に、常に“一つの正解”を求めてきた教育にも問題があると思う。一つの事象は、色んな解釈が出来るということを忘れてはならないですね。

スポンサーリンク


関連記事

企業でダイバーシティを受け入れる手段

ジェイソン:セールスフォースさんで言うと、多分そのままセールスクラウドを使う割合とかは、結構具体的な

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

こんなマネージャーは失格だ②

「コミュニケーションが取れないマネージャーは存在価値なし」という強烈な言葉を残して昨日の記事を終えた

記事を読む

モンスター社員への対応について

働くことに対しての“義務”をしっかり果たしていない割に“権利”ばかりしっかりと主張する…そんな社員の

記事を読む

権限委譲の正しいやり方

権限委譲 与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

面接でストレス耐性を見抜くよう腐心している方へ

「ストレスに強い人が欲しい」みなさんの中で、この意見に反対の人はどれくらいいるでしょうか? おそらく

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

自分と合わない人との仕事の進め方

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑