管理職はボトムアップ型、トップダウン型いずれであるべきか

Pocket

昨今の管理職はトップダウン型よりもボトムアップ型が圧倒的に多いそうです。部下の気持ちをきちんと把握した上で業務を進める、というようなもっともらしい話はあるものの、管理職の本心としては「自分だけ責任を負いたくない」「部下に嫌われたくない」というような心理も見え隠れするような気もします。もちろん、それぞれに対してメリット、デメリットはありますし、そのスタイルそのものを変えていただく必要はありませんが、どういったスタイルであろうとトップダウンで指示していただく必要があるシーンが存在することはご存知でしょうか。

3912aedf747be97663d2d0b94ef9517b_s

管理職にとって非常に重要な“リスク管理”というタスク

それは、『有事』が起こった際です。『有事』と言っても戦争とかそういった話ではなく、その企業にとって、もしくは管轄されるグループにとって危機的な状況に陥った時、という意味ですね。想像していただければ分かると思いますが、『有事』になれば、周りのメンバーが冷静な判断ができなくなっている可能性があります。そして、混乱が混乱を呼ぶこともありえるでしょう。そのような際に管理職であるあなた自身が部下に対して「どうすれば良いと思う?」とおろおろする。もちろん、絶対に聞くな、という話ではありませんが、それによって優柔不断になっている姿が部下に映っていたとしたら…部下はどう思うでしょうか。

管理職の大事な仕事の一つに、リスク管理という仕事があります。その業務を進めるに当たって、どのようなリスクがあり、そのリスクを回避するために日頃からどのような対策をしておくのか。当たり前ですが、そのようなリスクが顕在化しないための努力をする必要はあります。ただ、リスクというものは可能性が「0」には決してならないもの。そのリスクが何らかの事情で勃発した場合の対処法を、起こってからではなく、事前に考えておく必要が間違いなくあるのです。

判断軸を日頃からしっかりと持っておくことが大事

事前に考えておく、と言っても全てのリスクを把握し、そのリスクに対しての対応策等を全て覚えていくことは非常に困難かつ現実的ではないと思います。もちろん、それらを「見える化」していくということも場合によっては大事ですが、「見える化」させることだけに尽力してその「見える化」されたものが活用されないということも容易に想像できます。そのような状況の中で、何を事前に考えておくかというと、“判断軸”です。

“判断軸”とは何かと言えば、本来であれば企業理念のようなところに基づくものなのではないかと思います。その企業の目的は何なのか、それを達成する上で重要なのは何か。重要なのは「全部大事」とするのではなく、必ず優先順位を付けておくことです。例えば、従業員と顧客、どちらかを選ばなくてはならないならどちらか、など。ある意味このような究極の選択を迫られた際の判断材料はこのような根本的な側面に返ってくるはずです。そして、普段からそのように判断していけば、自然と部下もそのように考えるようになるでしょう。

ケースバイケース、という言葉は非常に使い勝手が良い言葉ではあります。ただ、それによってマネジメントが行き当たりばったりのように見えてしまうことも事実です。平時ならばともかく、有事の際には是非、行き当たりばったりのマネジメントにならぬよう、判断軸を日頃からしっかりと確認されることをおすすめします。

スポンサーリンク


関連記事

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

面接でストレス耐性を見抜くよう腐心している方へ

「ストレスに強い人が欲しい」みなさんの中で、この意見に反対の人はどれくらいいるでしょうか? おそらく

記事を読む

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

下町ロケットの経営手法をどう捉えるか

昨日ついに「下町ロケット」の最終回を迎えましたね。結論は…まあそうなるだろうと予想は付いていたものの

記事を読む

朝令暮改が行き当たりばったりにならないために

“朝令暮改”という言葉があることは皆さんご存知のことと思います。朝言ったことが夕方には覆る、そのよう

記事を読む

サービス残業は当たり前か!?

「残業代は月給に含まれているようで出ないんです」このような話をよく聞きます。残業をしても残業代が出な

記事を読む

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑