凡ミスが多いことへの対策&ヒント

Pocket

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。とはいえ、どこかでそのようなミスは“起こるだろうな…”と想定していた自分もいます(問題なのはそこに気付きながら対策を打っていなかったところです)。基本的に人間は“ミスをするもの”として捉えておいた方が良いように思います。

71b29509aea98bc9f92de1a640a610e7_s

複式簿記に倣う、凡ミスを防ぐコツ

“凡ミス”、こういったことで信頼関係を壊してしまうことは本当にもったいないことです。しかし、人間という存在はミスをするもの。そのような前提がある中で、いかにミスが発生しないような“仕組み”を構築できるかということの方が、ミスをしなように気をつけるよりもよっぽど重要なことのように思います。そのようなミスが発生しないような“仕組み”はどのように構築すべきでしょうか。

ミスが発生しないような“仕組み”ということを考えた時、真っ先に思い出すことがあります。それは、“複式簿記”です。“簿記”を学んでいらっしゃらない方はピンとこないかもしれませんが、この“複式簿記”を考えた方は天才なのではないかと感じるほど、凡ミスを避けられるような仕組みができています。どういうことかというと、何か間違った入力をすると、どこかで数字が合わなくなることが自動的に発生するようになり、その原因究明をすることでどこで何をミスしているのかということに気付ける仕組みになっているのです。会計というミスが許されない分野において、“複式簿記”の存在は極めて大きいものと言えるのではないでしょうか。

見直してもミスを犯すのが人間…であることを踏まえる

改めてこの“複式簿記”の凄さをお伝えすると、何か特定の入力に対してミスがあると、ミスがあると“違った形で”ミスがあるように気付ける仕組みがあるというところです。どういうことかと言うと、基本的に人間がミスがあるかどうかを確認する時には、自分が入力したことを見直すという方法になろうかと思います。ところが、自分が入力したことそのものは「ミスはないだろう」というような前提を持って見直してしまうので、たとえ見直しをしていてもそのミスを見逃してしまうケースが多いわけです。

ところが“複式簿記”は、その入力そのものを見直さずとも“違った形”でアラートが出るため、単に見直すだけの行為よりも確実にミスを防ぐことができるわけです。“違った形”というのが本当に重要で、そのような仕組みが組み込まれていると、いわゆる“凡ミス”というものを激減させることができるのは想像に難くないと思います。

何だか自分自身への言い訳のようになってしまいますが、人間はやはりミスを犯すものだと思います。また、それを見直すといってもどこかで自分を過信してしまっているのも人間です。そのような人間の特性を踏まえた上で、“違った形”でいかにミスをしているアラートを出せるか、それを仕組みとして組み込めるかが、“凡ミス”を防げる方法であることは間違いないように思います。(とはいえ、関係者の皆さまには改めてお詫び申し上げます。。。)

スポンサーリンク


関連記事

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

社員のモチベーションの上げ方

○モチベーション3.0 著:ダニエル・ピンク 報酬には依存性がある。「交換条件つき」報

記事を読む

ベアーズ執行役員のエントリーに思うこと

家事代行サービスのベアーズの執行役員の方が実名で書かれた“女性に読んでほしくない女性のマネジメントに

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

自分と合わない人との仕事の進め方

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑